How do you make coconut oil?

製造方法

Talaudyongのココナッツ畑で採ったココナッツは、現地で外皮を剥がします。中の硬い殻だけプエルトプリンセサの工房まで運びます。持ち帰ったココナッツは、写真のように通気性の良いカーゴの中で約1ヶ月熟成させます。

芽が出てくるくらいが丁度よく熟成された状態です。

この熟成によって​栄養分が増え高品質なオイルを作ることが出来ます。

熟成されたココナッツの実をふたつに割り、中の白い実の部分を写真のマシンで細かく削ります。非常に危険な作業なので熟練スタッフが担当しています。

生の新鮮な実を低温圧搾し

伝統的な発酵分離法で抽出

化学精製されていないエキストラバージンココナッツオイルは「トランス脂肪酸フリー」でなおかつ「水素添加していない」安心・安全のオイルを指します。そのエキストラバージンココナッツオイルにも『乾燥圧搾法式』『遠心分離方式』『発酵分離方式』3種類の製法があり、それぞれの製法によってオイルの質が異なります。

開発コストのかかる発酵分離製法を採用し丁寧に精製することで純度と栄養価の高い最高級のオイル精製が可能となりました。この発酵分離製法によって、植物自身の持つ 「分解酵素」のちからを引き出し、ココヤシの実に含まれる栄養素をしっかりと抽出する事ができるのです。

Copyright 2017 COCOPALAWAN All Right Reserved.